転職で失敗しないために

転職で失敗しないために

転職で失敗しないためには、どのような会社を避けるべきかを考えることが一番です。
それは、どのような会社がよいのかはそれぞれで違いもありますし、それぞれの能力などにも違いがあるからです。
しいて挙げるとすれば、長く無理なく続けることができる会社というのは誰にとってもよい会社であると言えます。
できれば、何度も転職することなく続けることができればいいですからね。

 

ひとことで言えば、社員を育てる方針の会社はよい会社であると言えますし、使い捨てではありません。
社員を使い捨てる会社というのは、勤続年数が短い社員ばかりなので、安い給料で使うことができ、会社の利益にはなります。
いわゆる、スキルを必要としない職種の会社にはこの傾向が強いようです。

 

社内教育がしっかりしていたり、上司になる人間が人としても尊敬できるような人が多い会社は仕事だけではなく、プライベートも相談できたりするので、
長く続けることができますし、上司と部下の信頼関係もある会社と言えるでしょう。
また、このような要素は上司になる人の人間性も大きく影響するので、よい部署だとこの傾向は強いでしょう。
このような上司の下で働くと部下も仕事を頑張りますし、いずれ上司となった際にもよい上司になる傾向が強いでしょう。

 

会社設立数十年経っているにも関わらず、上司になる年齢層の社員が少ないというのは問題のある会社である可能性が高いのです。
40代後半以上だとバブル時代があったので、すぐによい会社への転職が簡単にできていました。
その波にさえ乗らなかった年配者が上司、いわゆる管理者になっているのですから、想像つきますよね。