平均給与のからくり

平均給与のからくり

四季報などに掲載されている「平均給与」の額、気になる人も多いのではないのでしょうか?
しかし、この額を鵜呑みにするのはとても危険です。
例えば、35歳で平均年収500万円と書いてあっても、実際その会社の35歳の年収が500万円かどうかは怪しいものです。
というのも、その会社の社員の構成具合によってもかなりの違いがあります。
一般職の女性がかなりの割合の会社では、どうしても平均給与は低くなりがち。
その中で総合職の男性が結構貰っていても、どうしても会社内の平均は低くなります。
ですから、上記のような会社の男性社員35歳ですと、もう少し多く貰っていると思われます。

 

また、これには逆もあります。
構成されている会社の人員を考えてみることも大切なのです。
その会社がバブルの時期に大量に採用していたりすると、その年代の給与が高いので、新入社員は給与を抑えられていたりします。
ですから、掲載されている年代になっても、そこまで貰えないと思っていた方がよさそうです。

 

さらに、初任給だけで決めるのもよくないでしょう。
給与上昇がどのくらいあるのか?ここも大切です。
大手で組合がしっかりしているところは給与の伸びもよいことが多いので割と安心といえます。